2017/06/22

お金は心の安定剤

まだ始めて一月も経ってないけど転職活動ってのはやっぱり時間がかかるねぇ
いや、地方だって選ばなければすぐに見つかるんだよ、選ばなければ

有効求人倍率?知らんな
求人の中身見てから言えってんだ


最低限は選ばなければまともに仕事は続けられないし
生活も出来なくなるから就活って時間かかるんだよね(`・ω・´)

自分の経験や能力で上手くいくかどうかをしっかり考えつつ
企業がまともかどうか調べなきゃいけない
待遇だって考慮に入れないといけない
もちろん自分の年齢や今後の人生も考える

やっとのことで勤めたいと思った企業を見つけても
書類選考やら面接の日にち設定やらの待ちの時間があるし
その結果待ちの時間だってある

で、無職の間も生きるためにお金は必要なんだけど
こんな時ほど節約して貯蓄と投資を続けていて良かったと思ったことはないね!
個人投資家万歳!ケチ万歳!

貯蓄をちゃんとしていれば、しばらくの生活費を保障してくれるので
期限付きだけど無職生活を満喫できるし健康だって回復させられる
次の仕事先を腰を据えて探すことだって出来る

ちゃんと投資先を選んでいれば配当金は入ってくるので無収入じゃないし
放っておいても将来の財産を作ることが出来るので
職探しの時の給料面での許容範囲が拡がる

貯蓄が無くて焦って仕事探しをしていた二十代前半の頃とは大違い
やっぱ金銭面での余裕が出来るって大きいなぁ

しかしだ
余裕はあるけれどもこれ以上金を失うだけなのは御免被る
毎月の投資だって再開したい
幸い出来るならずっと勤めたいと思える企業が求人出してた
来週の面接でササッと決めてしまいたいもんだ


前→ 豚骨ラーメン教現地主義派
次→ まだ
スポンサーサイト
関連記事
2017/06/15

豚骨ラーメン教現地主義派

以下、株式投資は関係無い記事です

ラーメンは豚骨100%以外認めないッ!

ラーメンにおいては豚骨以外のスープは異教徒の食べ物なので飲んではならないッ!
このために関東住まいに限界を感じて福岡に帰ってきたといっても過言ではないッ!

もちろん私の住んでた神奈川でも豚骨ラーメンを食べられるんだけどなんか違う
福岡と同じ味の豚骨ラーメンチェーン店もあるけれどそうじゃあない
豚骨100%の店もあるけどどことなく雰囲気が違う
インスタントラーメンやカップラーメンは別の食べ物としてカウントするとして

個人でやっている小さなラーメン屋を食べ比べるのが良いんだよ
シンプルな豚骨ラーメンを楽しむのが良いんだよ
スープや具に変わりモノを使うんじゃなくてシンプルなのが良いんだよ
出汁に鳥や魚介類つかうんじゃねー
店の外でも顔をしかめるくらい豚骨くさいラーメンが良いんだよォー!
FOOOOOOOO!!!


福岡に帰郷して約二ヶ月ちょい
以前から正月休みには帰省してたんだけれどもラーメンを食べる機会がなくて
約6年ほど行っていなかった

そこで仕事を辞めて実家に帰り、時間が出来たので
久しぶりに地元のラーメン屋に入ってラーメンを食べると変なテンションに
別にラーメンなんてよく食べるものでもないし
特に好きなわけでも無いのに何故かこうなる不思議

なんだよ異教徒って
なんだよ豚骨ラーメンのために帰ってきたって
豚骨100%でも雰囲気が違うって難癖すぎんだろ
なんで豚骨キメてるのさ
ほんと何なのあの豚骨ラーメンを食べたときのテンション

でも久しぶりにラーメンの味で満足した

関東にも豚骨ラーメンはあるしそれ以外のラーメンも食べたけど
なんかラーメン食べてるって感じがしなかったんだよね
何でだろ?
美味いけどなんか違うというか・・・


Uターンする人って食にこだわりが無くても
自分では意識しないところで食べ物の味が合うか合わないかがあるんじゃないかと思う
そういったモノをソウルフードと言うのかな?
私は地元こそNO.1ってタイプじゃないはずなんだけどなぁ
私のラーメンの例は極端だけれども多少なりとも地元愛はあったのかな?
そんなことを考えていた今日この頃


前→ 投資先からの書類は必ず読もう
次→ お金は心の安定剤
関連記事
2017/06/09

投資先からの書類は必ず読もう

株主総会に行くことは投資家の仕事のひとつではあるものの
遠方すぎて会場に行けなかったり日程が合わなくて行けなかったりするよね
兼業投資家は他に仕事を持っているから特にそう

また、個人の持っている株数なんて少ないんだから影響無いっしょ
だから株主総会招集のお知らせが届いても中身を見ずにゴミ箱へポーイ
なんてやっている方もおられるはず

しかしそれはすごくもったいない事だよ!と私は言いたい
今回は私の元に届いた九州電力からのお知らせを例に説明しよう
sousai1.jpg
写真の通り、年度報告書と各議案の載ったお知らせが届く
それと写真には載せていないけど議決権行使書も届く

年度報告書はその企業に長期投資をしていくつもりならば
捨てずに持っておけば後々の作業するときに分かりやすい資料となる
ネットで決算書を見れるから捨ててもいいじゃん、と言う人もいるだろうけど
企業のその時の状況や展望を分かりやすく表にまとめてくれていたりするので
後でその企業の再評価をするときに非常に役に立つ
業界の流れ、出来事なんかも社長の挨拶を数年分並べてみると
かなり分かりやすくなる


総会招集のお知らせも見ずに捨てるのも非常にもったいない

役職に就いている、これから就こうとする人の経歴が分かるので
貴重な投資判断材料のひとつとなる
また、株主提案とそれに対する現取締役会の意見が載っていたりするので
企業の方針を確認する絶好の材料でもある


このように株主総会に行かないから議決権使わないから
お知らせを読まないなんてすごくもったいないことなんだよ

ちなみに議決権は総会に行かなくても返送やネットからでも簡単に使えるので
投資家としての意志を通すためにも持ち株が少なくても出来るだけ使おう
同意できる人選や案件には賛成を、変な人選や議案には反対を


企業の郵便物はすべて貴重な投資判断材料
忙しくとも是非ご覧あれ

前→ 株の話を気軽に出来たら良いよね
次→ 豚骨ラーメン教現地主義派
関連記事